TOP ルール更新情報 ルール一覧 ダウンロード 資料

■ ルールデータ

P2P=Gnutella TLS Connection

発見日2007年12月11日(日本時間)
最終更新日2010年7月15日(日本時間)
ページ更新日2011年2月21日(日本時間)

oid458
MessageP2P=Gnutella TLS Connection

概要P2PソフトウェアLimeWire、Cabos等(BearShare他)が利用するGnutellaプロトコル(暗号化)を利用した接続要求
行為Gnutellaプロトコル(暗号化)を利用してLAN内のユーザがファイルを交換しようとした。対応P2PソフトウェアはCabos, LimeWire
危険性LAN内のクライアントPCが外部ネットワークとファイル交換可能になります。クライアントPCからの情報漏洩及び著作権侵害行為が発生する危険性があります。

サーバ
クライアントWindows XP SP3, Windows Vista,Windows 7

誤検知指数-32
False Positives報告なし
False Negatives

リファレンス:
LimeWire クライアント Ver 4.14.12 ブロック、検知共に可能
LimeWire クライアント Ver 5.4.6 〜 5.4.8 ブロック、検知共に可能
LimeWire クライアント Ver 5.5.5 〜 5.5.10 ブロック、検知共に可能
Cabos クライアント Ver 0.7.10 ブロック、検知共に可能
Cabos クライアント Ver 0.8.1 〜 0.8.2 ブロック、検知共に可能

※ P2P/Gnutella Client Connection, P2P=Gnutella Ultrapeer Connection および
  本ルールの併用をお願いいたします。
※ コネクション確立後はブロック出来ません

文責および著作権・肖像権はネットエージェント株式会社に帰属します。本文、画像等の無断転用を禁じます。
Copyright(c) NetAgent Co., Ltd info@netagent.co.jp TEL: 03-5619-1243